唐津JCについて

青年会議所について

 1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。

共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。

1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

現在、日本全国に青年会議所があり、「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、より良い社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。

さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

唐津青年会議所について

 唐津青年会議所は、日本青年会議所が掲げる「明るい豊かな社会の実現」を目的として1962年、全国で228番目の青年会議所としてからつの地に発足されました。

 現在、唐津青年会議所は20歳から40歳の青年69名(男性会員60名、女性会員9名)(2017年1月1日現在)でからつのためにさまざまな活動や運動を発信しています。

入会について

 唐津青年会議所では毎年1月に仮入会員として入会していただき、5月までの間に行われる出席義務のある例会やセミナーなど全体の80%に出席していただければ6月に正会員となります。

会費について

 入会金として30,000円、会費として月10,000円(年間120,000円)かかります。

 その他セミナーや各種大会への参加には費用がかかる場合がありますが、それらに参加するかどうかは会員個人の自由であり強制ではありません。

会員について

 唐津青年会議所には経営者の会員だけではなく会社員や女性の会員も多く、「明るい豊かな社会(からつ)の実現」への気持ちがあれば唐津青年会議所に入会できます。